うむうむネット通信6月号その1

2017.08.05 Saturday
0

    季節はもう夏の8月ですが・・・アセアセ

    うむうむネット通信6月号をお届けします。

     

    うむうむネット通信6月号

    <今月の通信は>

    ☆お産なんでもトーク4月の報告

    ☆ちょっと聞きたい☆おくすりの話

    ☆第21回 あの人に会いたい

        〜和田弘子さん〜

    ☆次回のお知らせ&今度の予定

     

     

    <お産なんでもトーク4月の報告>

     

    4月は今年度最初のお産なんでもトークでした。

    テーマは

    「脱マタニティーブルー

    〜ひとりで抱え込まないで!みんなでお産&育児」

     

    参加者の5名は、どちらかというと現在は支援する側だったり、

    サークルを立ち上げて活動している経験豊富な方々でした。

    自分たちのお産や子育ての事を思い出して、

    その時は必死でマタニティーブルーとは自分では気づかず過ぎても、

    気持ちの浮き沈みなどはみなさん体験していました。

     

    やはり、誰でもいいから頼れる人をつくっておくことは大切。

    そして、そういう場所や人になりたいという思いで

    活動をしている方々のお話しを聴くことができて、

    お互いに応援し合っていきたいと思いました。

     

    今回参加してくださった、和田弘子さんの思いを

    「あの人に会いたい」で紹介しています。

     

    8月のお産なんでもトークでは、

    理想の保育園設立を目指している和田弘子さんと一緒に

    「理想の保育園とは?

    〜託児・一時保育から保育園・幼稚園選びまでなんでもトーク〜」

    をテーマに語り合いたいと思います。「あの人に会いたい」を読んで、

    ぜひ8月のお産なんでもトークにもご参加くださいね。

     

    (司会進行 牛山良枝)

     

    その2に続きます。

     

     

     

    |-|comments(0)trackbacks(0)|-|-|by shunsuke

    うむうむネット通信4月号その3

    2017.08.05 Saturday
    0

      2017年うむうむネット通信4月号の続き

      その3になります。

       

      うむうむネット通信4月号

      <今月の通信は>

      ☆お産なんでもトーク12月の報告・・・★

      ☆ちょっと聞きたい☆おくすりの話ァΑΑΑ

      ☆おすすめの書籍と絵本

      ☆次回のお知らせ&今年度の予定

       

       

      ★おすすめの書籍と絵本★

       

      どんな親も我が子を良い子に育てたいと願っていますが、

      あなたが考える良い子とはどんな子なのでしょう?

      冒頭の数ページを読んだだけで、

      ワタシも我が娘に無意識に親にとって

      都合の「良い子」を望んでいたのかもしれない!

      とガクゼンとしました。

       

      喜びや楽しさはもちろん、

      悲しみや怒りといったいわゆる負の感情も

      等しく味わう大切さもわかります。

      親となるには覚悟と責任が必要なことを強く、

      強く訴える内容は少し耳が痛いかもしれませんが、

      ぜひ、おススメしたい一冊です。

       

       

       

       

       

      「おたまじゃくしの101ちゃん」

      作:かこさとし  出版社:偕成社

       

      ある春の日、母さんカエルは、

      101匹のおたまじゃくしの兄弟達を連れて、

      いちべえぬまに遠足に出かけました。

      途中ではぐれてしまった101ちゃんを必死に探し、

      命がけで天敵のざりがにの大親分から

      我が子をまもる母さんカエルと、

      母さんを100匹全員で守ろうとする

      オタマジャクシの冒険は、何度読んでもワクワクし、

      最後はホッとしてしまいます。

              

       

      < >追悼ディック・ブルーナさん

      「ブルーナの0歳からの本シリーズ」

      出版社:講談社  

       

      0歳から絵本!?と驚く方もいるかもしれませんが、

      シンプルな線とキレイな色を見て喜ぶ姿から赤ちゃんも

      絵本を楽しめることがわかります。

       

      文章がないので、自由にお話をつくってもいいですし、

      絵本にあるシーンを言葉にするだけでもいいのです。

      子どもの笑顔と平和への願いを込めて、

      優しい絵本を描き続けてきた

      オランダの絵本作家ディック・ブルーナさんが

      逝去されました。

      謹んでご冥福をお祈りします。

       

       

       

      次回のお知らせ&今年度の予定は割愛させていただきます。

       

      以上うむうむネット通信4月号でした!!

      |-|comments(0)trackbacks(0)|-|-|by shunsuke

      うむうむネット通信4月号その2

      2017.08.01 Tuesday
      0

        2017年うむうむネット通信4月号の続きです。

         

        うむうむネット通信4月号

        <今月の通信は>

        ☆お産なんでもトーク12月の報告・・・★

        ☆ちょっと聞きたい☆おくすりの話

        ☆おすすめの書籍と絵本

        ☆次回のお知らせ&今年度の予定

         

         

        ちょっと聞きたい☆おくすりの話 


        こんにちは。昨年度から引き続き、

        お薬についてのコラムを担当することになりました、

        薬剤師のAkiraです。

        高1と小5の娘2人の母。

        まだまだ子育て真っ只中です。

        どうぞよろしくお願いします。

         

        期待と不安の中で始まった新年度。

        少し慣れてきたこの時期に、

        体調不良を訴えるお子さんも

        少なくないのではないでしょうか?

         

        元気な毎日のためには早寝早起きですが、

        お子さんはよく眠れていますか?

        寝言や歯ぎしりが多かったり、

        夢をたくさんみていたりするようなら

        睡眠不足かもしれません。

        バランスの良い食事も、

        胃腸の働きが弱いとうまく吸収することができません。

         

        頭が痛い、お腹が痛い、覇気がないなど…。

        病院で診てもらっても

        特に異常がないのになかなか良くならない…。

        そんな場合は東洋医学の出番!

        今回は子どもによく使われる漢方薬についてご紹介します。

         

        ♪小建中湯

        小建中湯は、胃腸を意味する「中」を「建て直す」薬です。

        子どもの体質改善によく使われます。

        胃腸が弱い、風邪をひきやすく治りにくい、

        疲れやすい、頭痛腹痛などの症状に使われます。

        おねしょ、夜泣き、学校に行けない、

        などの症状にも使われる漢方薬です。

         

        ♪甘麦大棗湯

        小麦・甘草・大棗という3つの成分でできている漢方薬。

        食物成分からできていて、甘くて飲みやすいのが特徴です。

        身心の興奮状態を鎮めて、

        不安定な状態を改善させる働きがあります。

        不眠症、夜泣きやひきつけの改善に使われます。

         

        ♪抑肝散

        もともと小児の夜泣き、疳の虫、ひきつけに使われていた薬で、

        現在は大人の神経症状や認知症にも使われます。

        怒りっぽい、興奮しやすい、イライラする、不眠症、

        歯ぎしりなどにも使われています。

        加えて胃腸症状を伴う場合は「抑肝散加陳皮半夏」が使われます。

         

        漢方薬は漢方専門薬局以外でも、

        一般薬としてエキス製剤などで購入することができます。

        気軽に薬剤師さんに相談してみてくださいね。

         

        Akira

         

        うむうむネット通信月号その3につづきます。

        |-|comments(0)trackbacks(0)|-|-|by shunsuke

        うむうむネット通信4月号その1

        2017.08.01 Tuesday
        0

          2ヶ月に1度発行しているうむうむネット通信。

          今年度もすでに4月号、6月号が発行されてます。

          ブログにアップするの忘れてましたアセアセ

           

          ちょっと前ですが

          4月号からアップしていきますね。

           

          うむうむネット通信4月号

          <今月の通信は>

          ☆お産なんでもトーク12月の報告

          ☆ちょっと聞きたい☆おくすりの話

          ☆おすすめの書籍と絵本

          ☆次回のお知らせ&今年度の予定

           

           

           

           

          2017年度がスタートしました。

          今年度も「妊娠・出産・育児について、なんでも

          語れる場所」として細く長くやっていきたいと

          思います。初めての方、久しぶりの方も大歓迎です。

          お気軽にご参加くださいね。

           

           

           

           

          <お産なんでもトーク12月の報告>

           

          1月から3月までお産なんでもトークはお休みなので、

          前回のお産なんでもトークは昨年の12月になります。

          ちょっと記憶も薄れつつありますが(^-^;、報告したいと思います。

           

          12月のテーマは「私のお産〜バースプラン&バースレビュー」

          今回の参加者は3名でしたが、9人分のお産の話ができました!!

          みんな違う内容のお産ですが、「命を産みだす」という

          共通の根底にある気持ちは共感できるものがあり、

          他の方の経験も学びになりました。

           

          「2007年に発行されたマタニティーハンドブックを

          読んだ時からいつか行きたいと思っていて、

          「やっと来れました」

          「お産の話の回は行きたいと思ってました」と

          参加者の方から言っていただけて、

          とてもうれしかったです。続けてきて良かったと思いました。

           

          うむうむネットで大切にしている「私のお産」。

          子育てが始まると子どもが中心で、

          ゆっくりとお産のことを振り返ったり話すという

          時間がとれないまま過ぎていきます。

           

          あの命を産みだす感動的な瞬間、

          痛かったあの時の思い、辛かったこと…

          自分のお産を振り返ることは、

          自分自身を振り返ることにつながり、

          色々な思いがでてきます。

          その思いを話していくうちに、

          辛い思いは浄化され、感動は今の子育ての糧になります。

          「私のお産」は世界に一つだけの宝物。

          それを思い出す時間をうむうむネットでは

          これからも大切にしていきたいと思いました。

          (司会進行 牛山良枝)

           

          その2に続きます。

           

           

           

          |-|comments(0)trackbacks(0)|-|-|by shunsuke

          お産なんでもトーク6月はコラボ企画です!!

          2017.06.04 Sunday
          0

            6月のお産なんでもトークは

            子育て広場「おおきくなぁれ」

            とコラボ企画です。

             

            子育て広場「おおきくなぁれ」

            にお邪魔して

            なんでもトークしちゃいますニコッ

             

            テーマ

            「妊婦さん大歓迎!!なんでもきいちゃおう

             〜ママと妊婦さんの座談会〜」

             

            日時:6月22日(木)

               9時40分〜受付

               10時20分〜わらべうたや読み聞かせ

               11時〜12時 お産なんでもトーク

             

            会場:吉田児童センター(ノルテながの2階)

            参加費:200円

                (今回はお茶菓子はありません)

             

            子育て広場「大きくなあれ」は

            月に一度開催している子育て広場です。

            毎月お楽しみ講座を企画しています。

            毎回導入に行なうわらべうたも大好評です。

            こんな感じで輪になって和やかにやってます。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            子育て広場「大きくなあれ」のブログはこちら

             

            お子様連れのも、そうでない方もぜひ

            わらべうたからご参加くださいね。

            妊婦さんのご参加もお待ちしていますき

             

            妊婦さんが知りたいこと

            ママになって妊婦さんに伝えたいことを

            なんでもトークしましょう矢印上

            |-|comments(0)trackbacks(0)|-|-|by shunsuke

            お産なんでもトーク4月

            2017.04.07 Friday
            0

              すっかり冬眠してしまい、

              気が付いたら4月。
              4月からお産なんでもトークを
              例年通り2ヶ月に1度開催します!!
              お産なんでもトーク4月のテーマは
              「脱マタニティーブルー
              〜ひとりで抱え込まないで!
              みんなでお産&育児〜」

              日時 4月 20日 (木) 午前10時半〜12時

              会場  ふれあい福祉センター4階和室

              参加費  500円 (お茶菓子付)

               

               

              最近は「ワンオペ育児」などという言葉もありますね。
              うちにこもってしまうと一人ですが
              気分転換に外に出てみませんか?

              誰もが経験する、産前産後の変化。
              あなただけではありません。
              みんなで話してみませんか?
              あなたの経験が、だれかの役にたちます。
              元気をもらえます。
              ざっくばらんに話しましょう。
               

              マタニティーの方から経験豊富なお母さん、
              興味のある方ならどなたでも参加できます。
              お子様連れのご参加大歓迎です。

              ご参加お待ちしています。

               

               

              <今年度の活動予定です>

               

              6月22日(木)子育て広場「おおきくなぁれ」合同企画

                  (会場、吉田児童センター)

                  「妊婦さん大歓迎!!なんでもきいちゃおう

                  〜ママと妊婦さんの座談会〜」

               

              8月   「理想の保育園とは?

                   〜託児・一時保育から

                    保育園・幼稚園選びまで

                    なんでもトーク〜」

               

              10月   「語ろう高齢出産」

               

              12月   気軽に参加

                   「おしゃべりしながらパステルアート」

               

              今年度もどうぞよろしくお願い致しますヤッタv

              |-|comments(0)trackbacks(0)|-|-|by shunsuke

              うむうむネット通信12月号その4

              2017.01.23 Monday
              0

                うむうむネット通信12月号を数回に分けてお伝えしえいます。

                 

                うむうむネット通信12月号

                <今月の通信は>

                ☆10月のお産なんでもトークの報告

                ☆《感想》高齢出産を考える

                ☆ちょっと聞きたいお薬の話

                ☆お知らせ

                 

                〜おしらせ〜

                 

                今年度のお産なんでもトークは12月で終了です。

                次回は2017年4月スタートです。

                 

                来年度のお産なんでもトークのテーマを募集します!!

                ほかにもやりたいことがあったらどんどん教えてください。

                一緒にやりましょう!!

                 

                 

                2017年2月にランチ会兼来年度打ち合わせ会

                を行いたいと思います。

                詳細は決まり次第ブログなどでお知らせします。

                 

                〜ごあいさつ〜

                 

                今年12年目に突入したうむうむネット。

                2ヶ月に1度というゆるいペースで活動するうむうむネットですが、

                今年度も無事活動することができて、ほっとしています。

                 

                今年度は、6月に東部文化ホールで行われた、

                国際助産師の日のイベントに出店参加させていただいたり、

                インターネットTV「ながのTV」に出演させていただいたり、

                お産なんでもトークにも初めての方に沢山ご参加いただきました。

                新たな出会い、沢山のご縁に感謝します。

                今年度もありがとうございました。

                 

                うむうむネットでは一緒に活動してくれるメンバーを募集しています。

                お子さん連れも大歓迎。

                ママさん目線で発信しています。

                やりたいことをできる範囲で、楽しみながらやっていくのがうむうむネット。

                どなたでも参加できます。お気軽にどうぞ。

                1年1年、大切に活動していきたいと思います。

                来年度も今のところ?!続ける予定。

                (いつまで続けるかはわからないので、

                いつか・・・ではなく、参加できる時は逃さずに参加してくださいね!!)

                来年度もよろしくお願いいたします。

                 

                お産を語る会うむうむネット 代表 牛山良枝

                 

                 

                お産を語る会うむうむネットは、

                お産の話がいつでもできる場所が欲しいという思いから生まれた、

                お母さんたちを中心としたグループです。

                ママさん、赤ちゃん、妊婦さんはもちろん、

                妊娠・出産・育児に関心のある方ならどなたでも大歓迎です!

                お気軽にご参加ください。

                一緒に情報発信してくれるメンバーも大募集中!!

                ご意見、お問い合わせはこちらまで。ご参加お待ちしています♪

                 

                以上うむうむネット通信12月号でした。

                |-|comments(0)trackbacks(0)|-|-|by shunsuke

                うむうむネット通信12月号その3

                2017.01.23 Monday
                0

                  うむうむネット通信12月号を数回に分けてお伝えしえいます。

                   

                  うむうむネット通信12月号

                  <今月の通信は>

                  ☆10月のお産なんでもトークの報告

                  ☆《感想》高齢出産を考える

                  ☆ちょっと聞きたいお薬の話

                  ☆お知らせ

                   

                  ちょっと聞きたい☆おくすりの話 

                  こんにちは♪薬剤師のAkiraです。

                   

                  本格的な冬が到来。

                  気温が下がり空気が乾燥してくると、

                  インフルエンザが流行してきますね。

                  まずは予防、そして罹患してしまったら

                  適切な治療が大切になります。

                   

                  ♪インフルエンザの特徴

                  突然の38以上の「高熱」や、

                  関節痛、筋肉痛、頭痛などの他、

                  全身倦怠感、食欲不振などの

                  「全身症状」が強く現れるのが特徴です。

                   

                  ♪予防について

                  【ワクチンの接種】予防接種を受けると、

                  インフルエンザに感染した場合に発症する可能性が低くなる効果と

                  発症した場合に重症化するのを防ぐ効果が期待できます。

                  抗体ができるのに2週間ほど必要なので、

                  流行の前に早めに接種するのがポイントです。

                   

                  【手洗い】

                  「うがい・手洗い」とよく言われますが、特に手洗いが大切です。

                  手は日常的にいろんな場所を触り、

                  そして想像以上に自分の顔回りなどを触っているものなので、

                  手を介してウイルスを体内に入れてしまうことが多いのです。

                  流水だけでも30秒以上流せば石鹸洗いと同等の洗浄効果があります。

                  親指を洗い残しやすいので特に気を付けながら隅々まで丁寧に洗い流しましょう。

                   

                  【加湿】

                  室内の適度な加温(28度)、加湿(50〜60%)換気が大切です。

                  換気は部屋の2か所以上を開放して、

                  空気がしっかり流れるようにしましょう。

                   

                  *その他、マスクによる喉鼻の加湿、

                  人ごみを避ける、充分な休養、

                  バランスの良い食事を摂ることなども大切です。

                   

                  ♪インフルエンザの薬物治療

                  抗インフルエンザ薬は、

                  細胞内に増殖したウイルスが細胞外に出てしまうのを防ぐことで、

                  ウイルスの増殖を抑えます。

                  発症後すぐに服用を開始すると(48時間以内)、

                  服用していない場合と比べて発熱期間が1〜2日短縮され、

                  ウイルスの排泄量も減少し、症状が徐々に改善されていきます。

                   

                  今現在、薬局でよく処方されるのは、

                  「タミフル」「リレンザ」「イナビル」が主流で、

                  予防的な服用もできます(自費)。

                  用法用量をしっかり守ること、

                  吸入薬の場合はしっかり吸い込むこと、

                  お子さんを少なくとも2日間は

                  1人にしないことなどに気を付けて服用してくださいね。

                   

                  Akira

                   

                  つづく

                  |-|comments(0)trackbacks(0)|-|-|by shunsuke

                  うむうむネット通信12月号その2

                  2017.01.23 Monday
                  0

                    うむうむネット通信12月号を数回に分けてお伝えしえいます。

                     

                    うむうむネット通信12月号

                    <今月の通信は>

                    ☆10月のお産なんでもトークの報告

                    ☆《感想》高齢出産を考える

                    ☆ちょっと聞きたいお薬の話

                      ☆お知らせ

                     

                     

                    《感想》高齢出産を考える・・・  


                    今回のテーマは『高齢出産』。

                    日本産婦人科学会では、35歳以上の初産婦を

                    「高齢出産(初産)」と定義しています。 


                    私自身、 『高齢出産」だったかというと、そうではありません。

                    しかし、周りの人たちには増えてきている印象があるため、

                    お気持ちを聴かせていただきたい思いで参加しました。  


                    参加させていただいて、

                    実際『高齢出産』だったお母さん方のお話をお聴きし、

                    お母さん達は沢山の悩みや問題
                    を抱えていることがわかりました。 


                    ・育児と同時進行の親の介護。

                     「ちょっと親に預けて・・・」なんて、私にはできない。

                    ・『高齢出産』以前の不妊治療。流産という悲しい経験。 
                    ・二人目が欲しいけど、年齢的には諦めたほうがいいか・・・。 
                    ・不妊治療では『妊娠・出産』がゴールだったけど、

                     生まれてきたらゴールが見えない。

                     日々、家事と育児でいっぱいいっぱい。 
                    ・若いママとの体力の違いや距離の取り方。 


                    など、出産前から様々な事を乗り越え、

                    日々妻として、嫁として、母として頑張っている方々ばかりでした。

                    同じ母親である私からみても、本当にすごいと感じました。  


                    その中で、一つ印象に残ったお話があります。 
                    『結婚した年齢も遅く、妊娠できるかわからない。

                    そんな私で彼はいいんだろうか?

                    という悩みを抱えていた時に、知人から言われた言葉。

                     

                    それは、「彼は、子どもを産めるから

                    あなたを選んだんじゃない。そのままのあなたがいいから、

                    あなたを選んだんだよ」という言葉だった。

                    その言葉にとても救われた。』  


                    とっても素敵な言葉で、心が温かくなるようなお話でした。 
                    同時に、ふと心に浮かびました。 
                    『私たちは、誰でも、どんなママでも、 
                    このまんまの私がいいと、

                    私を選び続けてくれる子どもがいる。』  


                    料理が下手でも、家事ができなくても、学歴や肩書がなくても、 
                    大きな目や、スリムな体じゃなくても、 
                    たとえ、毎日ガミガミ怒ってしまって、穏やかじゃない時さえも。 

                    「ママ〜」(あ、うちでは「母ちゃん」ですけどね)

                    と呼んでくれる子ども達がいる。  


                    24時間、365日年中無休の育児。

                    自分のことなんて後回しで、振り回されていると感じてしまうことも多々。
                    だけど、沢山の愛情を子ども達の方からももらってるんだなと、

                    改めて気付くことができました。 

                     

                    つづく

                    |-|comments(0)trackbacks(0)|-|-|by shunsuke

                    うむうむネット通信12月号その1

                    2017.01.23 Monday
                    0

                      2017年になって1ヶ月が過ぎようとしていますね。

                      しばらくブログを更新していませんでしたが

                       

                      お産なんでもトーク12月無事終了し

                      今年度のお産なんでもトークは終了しました。

                      ご参加くださったみなさん、ありがとうございました。

                       

                      また4月から再開ですのでそれまで

                      おまちくださいね。

                       

                      そして、うむうむネット通信12月号を

                      ブログにアップするのをすっかり忘れていました(汗)

                       

                      いつものように何回かにわけてアップします。

                      ご覧ください。

                       

                      うむうむネット通信12月号

                      <今月の通信は>

                      ☆10月のお産なんでもトークの報告

                      ☆《感想》高齢出産を考える

                      ☆ちょっと聞きたいお薬の話

                        ☆お知らせ

                       

                      <10月のお産なんでもトークの報告>

                       

                      10月のお産なんでもトークは、「語ろう!高齢出産」でした。

                      このテーマはうむうむネットでは初めてのテーマで、

                      参加者がどのくらい集まるか未知数だったのですが、

                      初めての方が8名、

                      久しぶりの方が2名、

                      高齢出産を体験された方、

                      高齢出産を視野にいれて話を聴きに来てくださった方、

                      男性(お父さん)など

                      バリエーションに富んだ皆さんが参加してくださり、

                      色々な話をすることができ嬉しかったです。

                       

                      高齢出産ならではの悩み、年齢には関係なく共通の悩み、

                      不妊治療や親の介護と子育ての両立・・・

                      それぞれの思いを語ることで、

                      悩んでいるのは自分だけではないことに気づいたり、

                      体験談が誰かの役に立ったり、

                      話したり、話を聴いているうちに、

                      また明日から頑張ろうと思えてきます。

                       

                      初めてお1人で来られた方も

                      ここで知り合いになって交流がはじまる・・・

                      そんな役目も果たせるようになってきて、

                      うむうむネットとしても嬉しい限りです。

                       

                      10月の内容に関しては参加者の方が

                      次のページに素敵な感想を書いてくださいました。

                      (とってもよくまとめてくださったので、

                      内容はそちらにお任せします(笑))

                      ありがとうございます。ご覧くださいね♪  

                       

                      つづく

                       

                      |-|comments(0)trackbacks(0)|-|-|by shunsuke
                       
                      Others
                      プロフィール サイト内検索
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      << September 2017 >>
                      新しい記事 コメント
                      トラックバック
                      アーカイブ
                      カテゴリ リンク モバイル
                      qrcode
                      オススメ
                      いのちを産む―お産の現場から未来を探る
                      いのちを産む―お産の現場から未来を探る (JUGEMレビュー »)
                      大野 明子
                      産科医不足、助産師不足、大野病院事件、内診問題など、産科医療の疲弊が顕著となった今、お産の未来は産むひととともに、自然なお産を取り戻すことにある−。そんな思いを宮崎雅子によるお産の写真とともに綴る。
                      オススメ
                      助産師と産む―病院でも、助産院でも、自宅でも (岩波ブックレット NO. 704)
                      助産師と産む―病院でも、助産院でも、自宅でも (岩波ブックレット NO. 704) (JUGEMレビュー »)
                      河合 蘭
                      県立こども病院も取材されています。お産ってどういうことなんだろう。と入門的に読むことができると思います。
                      Others ムームードメイン
                          

                      ページの先頭へ