<< お産、なんでもトーク12月  | main | 春のおすすめイベント >>

お産、なんでもトーク2月

2008.02.07 Thursday
0
    テーマ「ツワリ食&離乳食レシピ集まれ!」です。
    **プレママさんもママさんもお気軽にご参加ください**
    2月22日(金)10:30〜12:00 
    **参加費100円 **
    場所:長野市もんぜんぷら座 地下1階 Box2にて 
    **お問い合わせ:お産を語る会 うむうむネット lila@m9.dion.ne.jp
    http://umuumunet.jugem.jp/
    (転載歓迎です^-^)
     今月は「食」について情報交換しましょう。「ツワリがとってもひどかったけれど、これだけは食べられたの」というお料理や、「赤ちゃんの世話がホント大変で、時間がない中苦し紛れに作ったらウケたの」という我が家の離乳食のレシピをみんなで交換しましょう。雑誌に載っているようなオシャレなものではないけれど、愛情と工夫がいっぱい。そんなレシピを集めてレシピ集を作りたいと思います。
    メールでもお寄せください「*レシピ名 *材料 *作り方 *対象(妊娠前期・妊娠後期・離乳食開始初期・手づかみ食など中期・1歳以降3歳くらいまでの後期)」を明記して lila@m9.dion.ne.jp までお寄せください。

    お産なんでもトーク 12月は『妊娠&出産便利グッズ&ブック』をテーマに語り合いました。
     赤ちゃんの「あやしグッズ」はそれぞれの赤ちゃんにそれぞれの『ツボ』があって、くまのプーさんの4ウェイメリー(メリーやジムになる)がかかっている間はご機嫌という赤ちゃんや、スーパーのビニール袋をカシャカシャとするのが大好きという赤ちゃん、とにかく抱っこしていればご機嫌なのでずっとベビースリングの中だったという赤ちゃん…。と個性にあふれていました。また、上の兄姉がいるおうちでは、お兄ちゃん、お姉ちゃんが最強の「あやし係」になっているとの事。赤ちゃんでもちゃんとわかっているんですね。
    ダンナさんに、どうやって育児参加してもらっていますかという話題でも盛り上がりました。「男の人はほめられるのがやっぱり好き。やっぱりお父さんだと喜びかたが違うね!とかホメ倒しているうちに、お風呂を喜んで入れてくれるようになりました。」。みなさんおすすめの本を持参してくださって、情報交換も行いました。
    JUGEMテーマ:育児


    お産なんでもトーク(毎月追加)comments(1)trackbacks(0)|-|-|by usiki@篠ノ井

    スポンサーサイト

    2017.04.07 Friday
    0
      |-|-|-|-|-|by スポンサードリンク
      コメント
      離乳食&つわりレシピは、うむうむネットでは初企画ですね。楽しみにしています。私は手抜き料理専門なので、ほかのお母さんから勉強させてもらいたいと思ってます!!
      そんな私ですが、料理ではなくおすすめの鍋があります。
      シャトルシェフという保温鍋です。値段は高いのですがガスにかけておく時間が短くてすみ、育児に忙しいお母さんにはぴったりだと思います。離乳食はやわらかくなるまで煮たりする必要があるけどけっこう時間かかりますよね。保温鍋ならあいた時間に作っておけば、ほんとにやわらかくおいしくできますよ!離乳食の野菜スープはたくさん作って冷凍したりしてます。おでんの大根もすっごくおいしくできるんですよ。私は味噌汁を作るのにもシャトルシェフです。だいこんとかジャガイモとか煮える前に味噌を入れて、保温しておけば食べるころにはおいしくできてます。毎日愛用してます!!
      |nakaeda|2008/02/17 4:33 PM|









      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
       
      Others
      プロフィール サイト内検索
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      30      
      << April 2017 >>
      新しい記事 コメント
      トラックバック
      アーカイブ
      カテゴリ リンク モバイル
      qrcode
      オススメ
      いのちを産む―お産の現場から未来を探る
      いのちを産む―お産の現場から未来を探る (JUGEMレビュー »)
      大野 明子
      産科医不足、助産師不足、大野病院事件、内診問題など、産科医療の疲弊が顕著となった今、お産の未来は産むひととともに、自然なお産を取り戻すことにある−。そんな思いを宮崎雅子によるお産の写真とともに綴る。
      オススメ
      助産師と産む―病院でも、助産院でも、自宅でも (岩波ブックレット NO. 704)
      助産師と産む―病院でも、助産院でも、自宅でも (岩波ブックレット NO. 704) (JUGEMレビュー »)
      河合 蘭
      県立こども病院も取材されています。お産ってどういうことなんだろう。と入門的に読むことができると思います。
      Others ムームードメイン
          

      ページの先頭へ