<< **お産なんでもトーク12月** | main | ながのマタニティハンドブック 完売(^^) >>

『ゼロから始める玄米生活』

2006.12.14 Thursday
0
    ゼロから始める玄米生活
     福岡市の保育園での実際の給食について、長年玄米和食を取り入れてきた考え方と、その実際のレシピがカラー写真と共に紹介されています。
     1歳半の子どものおやつは、こんぶにいりこ。
     保育園の給食は、玄米ご飯に園児らが仕込んだ味噌で作った味噌汁、そしておひたしや胡麻和えなどの「地味な」おかず。それからトッピングが工夫されていて素敵な納豆
     油や砂糖・肉がなくても、子どもたちは良く食べ元気いっぱいに遊ぶ。体は食べ物でできている。その基本を実践している保育園です。家では小食でも、園では不思議に全部食べられるという子どもも多いそう。この給食は親にとっても非常にありがたく、参考になっていることでしょう。
     本物の食材で作った、手作りのおいしさは、小さな子どもにはちゃんとわかるのでしょう。

    2006年 西日本新聞社編・出版 協力:高取保育園  価格:630円 
    おすすめ本の紹介comments(0)trackbacks(0)|-|-|by usiki@篠ノ井

    スポンサーサイト

    2017.11.20 Monday
    0
      |-|-|-|-|-|by スポンサードリンク
      コメント









      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
       
      Others
      プロフィール サイト内検索
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      2627282930  
      << November 2017 >>
      新しい記事 コメント
      トラックバック
      アーカイブ
      カテゴリ リンク モバイル
      qrcode
      オススメ
      いのちを産む―お産の現場から未来を探る
      いのちを産む―お産の現場から未来を探る (JUGEMレビュー »)
      大野 明子
      産科医不足、助産師不足、大野病院事件、内診問題など、産科医療の疲弊が顕著となった今、お産の未来は産むひととともに、自然なお産を取り戻すことにある−。そんな思いを宮崎雅子によるお産の写真とともに綴る。
      オススメ
      助産師と産む―病院でも、助産院でも、自宅でも (岩波ブックレット NO. 704)
      助産師と産む―病院でも、助産院でも、自宅でも (岩波ブックレット NO. 704) (JUGEMレビュー »)
      河合 蘭
      県立こども病院も取材されています。お産ってどういうことなんだろう。と入門的に読むことができると思います。
      Others ムームードメイン
          

      ページの先頭へ