<< 安心して産みたい〜深刻化する産科医不足 | main | 悲しい分娩事故 >>

スポンサーサイト

2017.06.04 Sunday
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    |-|-|-|-|-|by スポンサードリンク

    ***お産、何でもトーク7月***

    2006.07.10 Monday
    0
      転送歓迎 連絡係 usiki@篠ノ井です。
      7月のお産何でもトークは「帝王切開 パート2」です。

      7月25日(月)10:30〜12:00 
      場所:長野市もんぜんぷら座地下一階 BOX2 
      指定駐車場は鍋谷田駐車場・セントラルスクエア駐車場の二箇所になります。
      セントラルスクエア駐車場の方が、遠いですが安いです(3時間以上停めるとき)。
      参加費:100円
      お問い合わせ: lila@m9.dion.ne.jp

       お気軽にご参加下さい。赤ちゃんもいっぱいのにぎやかな会です。昨年10月にも同じテーマを取り上げましたが、帝王切開のバースプランってどうするの?とか、大きな病院ではどれぐらい帝王切開しているの? とか、また深めていければいいなと思っています。もちろん昨年参加されなかった方も大歓迎ですよ。

       うむうむネット6月は、「女性のからだのスペシャリスト 助産師を知っていますか?」をテーマに行いました。助産師は、思春期から更年期まで女性の一生に渡ってサポートをしてくれる心強い味方ですが、一番の活躍はやはりお産のとき。妊娠中から出産、産後のおっぱい、赤ちゃんのお世話の仕方まで、母親をサポートしてくれる専門家です。
       この日は残念ながら助産師さんの参加はありませんでしたが、集まった母親、妊婦さんの中には、すてきな「助産婦体験」したよ、という声がたくさんありました。
       「助産師さんは母のような存在」と話す人が多く、「妊娠中から母になれるように導いてくれた。そのときの学びは、産後の子育てにも活かされている。」とお産のときに助産師さんから受けた影響はそのあとにもずっと続いていくようです。
       助産師さんに感謝する声が多く聞かれ、ますますの活躍を期待する一方で、ケアを受ける側の私たちも、助産師さんに頼りきるのではなく、自分の体に起きることをきちんと理解し、自己管理ができるように、自分たちこそ変わっていかなければならないね、という意見も出されました。

       お産、なんでもトーク7月は24日(月)に「帝王切開」をテーマに語り合います。もちろん脱線もあります。いつも利用しているお部屋が夏休みのイベント目白押しで、地下の会議室に変更になっていますが、赤ちゃん連れで大丈夫なお部屋です。8月のお産トークと、うむうむネット通信はお休みしますのでご注意ください。
      お産なんでもトーク(毎月追加)comments(0)trackbacks(1)|-|-|by usiki@篠ノ井

      スポンサーサイト

      2017.06.04 Sunday
      0
        |-|-|-|-|-|by スポンサードリンク
        コメント









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        帝王切開の出産についてbyうむうむさん
        今日は、長野市で活動するうむうむさんの、勉強会に出席させていただきました。 帝王切開経験者3名、そして今年帝王切開予定の方1名からお話を伺いました。 率直に私の感想を書かせていただきます。 帝王切開の話こそ、声を大にしていかなければならないな・・・
        • 産導楽☆サンドゥーラ〜いいお産への導き〜
        • 2006/07/25 12:48 AM
         
        Others
        プロフィール サイト内検索
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        3031     
        << July 2017 >>
        新しい記事 コメント
        トラックバック
        アーカイブ
        カテゴリ リンク モバイル
        qrcode
        オススメ
        いのちを産む―お産の現場から未来を探る
        いのちを産む―お産の現場から未来を探る (JUGEMレビュー »)
        大野 明子
        産科医不足、助産師不足、大野病院事件、内診問題など、産科医療の疲弊が顕著となった今、お産の未来は産むひととともに、自然なお産を取り戻すことにある−。そんな思いを宮崎雅子によるお産の写真とともに綴る。
        オススメ
        助産師と産む―病院でも、助産院でも、自宅でも (岩波ブックレット NO. 704)
        助産師と産む―病院でも、助産院でも、自宅でも (岩波ブックレット NO. 704) (JUGEMレビュー »)
        河合 蘭
        県立こども病院も取材されています。お産ってどういうことなんだろう。と入門的に読むことができると思います。
        Others ムームードメイン
            

        ページの先頭へ