<< うむうむネット通信12月号その | main | うむうむネット通信12月号その >>

スポンサーサイト

2018.02.26 Monday
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    |-|-|-|-|-|by スポンサードリンク

    うむうむネット通信12月号その

    2017.12.29 Friday
    0

      うむうむネット通信12月号を

      何回かに分けてお送りします。

      今日はその△任

       

      うむうむネット通信12月号

       

      <今月の通信は>

           代表 牛山良枝&宇敷香津美

      • ごあいさつ&うむうむネット同窓会のお知らせ

       

        第23回 最終回 あの人に会いたい

      「うむうむネット 牛山良枝&宇敷香津美 」

       

      最終回は、何年も主催メンバーとして一緒に活動をしながら、

      なかなかじっくりお話をきけていなかったお二人から、

      わたしたちらしく助産師会さんの「いいお産の日のイベント」

      会場でお話を伺いました。

       

       

      ★代表 牛山良枝さん

      「ママ自身が希望や想いをあきらめないで!

      自分のできる形でやればいいんだよ!」

       

       

      2004年、新聞で同郷出身の関口さんが長野市で

      「お産を語る会」を始めることを知り、強く共感。

      すぐに、会が開催されるたびに、息子と参加していました。

      代表の関口さんが転勤のため転居され、2007年4月代表に就任。

      まさかこんなに長く関わることになるとは当時は思っていませんでした。

      当初はうむうむネット通信の制作にもかなり時間がかかり大変でしたが、

      おかげさまで10年も続けるうちに要領よくできるようになりました。

       

      最初は月に一度のおしゃべり会と通信発行でしたが、

      徐々に、4月から12月までの二か月に一度が定番となりました。

      テーマ選びに悩んだときもありましたが、

      主催メンバーがその時々で気になることをとりあげ、

      「二人目どうする?」「陣痛の乗り切り方」、「育メンの育て方」

      「母乳育児」「立ち合い出産」などのテーマで開催し、

      時にゲストをお呼びしたり、フリート―クもありというスタイルに。

      お産なんでもトークは、参加者が1名、2名の時もあったし、

      大勢の参加者で会場がにぎやかなときもありました。

      でも、皆さんがすっきりしたお顔で帰っていく姿を見ると、

      本当にやっていて良かったなあと感じています。 

       

      その他にも自分たちがやりたいことをやるスタイルで、

      お産ハンドブックの作成や、産院の見学会、

      布ナプキン講習会も企画、開催しました。

      また、大葉ナナコさんのお話に感動をしたことがきっかけで、

      長野市在住の誕生学アドバイザーの方を講師に、

      お産の原点・産むことのすごさ、大変さ、

      いのちのすばらしさを追体感できるお産イベントも

      助成金をとって開催したりしました。

       

      私自身、二人目を妊娠したとき、

      自分の経験から自分の気持ちを大事にしたいと

      」バースプランを作成しようと思いました。

      もともと二人目は帝王切開と言われていました。

      でも、「ほんとうに帝王切開でないとダメなのか?」と

      しっかりと自分で確かめたので、納得いくお産になりました。

       

      母乳についても、一人目はおっぱいとミルクの混合だったので、

      二人目はおっぱいだけで育てたいと色々調べました。

      いろいろな意見がある中、私は

      「欲しがる時に飲ませ、子どもの卒乳までつきあいたい」

      と思い、実行しました。

      3歳まで飲ませていましたが

      母乳育児に関してもやりきった気持ちです。

       

      振り返ってみると、この活動を長く続けてこれたのは、

      「産後の一年は、体力的にはキビシイものの、

      赤ちゃんが一番かわいい時期なのに、

      その時期に一人で悩んで苦しい、辛いのはもったいない」

      という想いと、

      「体験や気持ちを話して共有することで、

      すっきりしてまた明日から頑張ろうと思える場所は大事」

      と思う気持ちが原動力でした。

       

      子育て中は、子どもの成長とともに

      どんどんステージが変わっていくので、

      今しかできないこと、ママだからできることがいっぱいあります。

      だからこそ私は、

      「子供がいるからと簡単にあきらめないで!

      自分のやりたいことはできる形でやればいいんだよ」

      ということを発信していきたかったたのだと思います。

       

      気が付けば、我が家の子どもたちも思春期に突入。

      ここ数年迷っていましたが、今年になって、

      うむうむネット卒業を決意しました。

      うむうむネットの活動を通じてできたご縁や学びは

      私にとってかけがえのないものとなり、本当に感謝しています。

       

      つづく

      |-|comments(0)trackbacks(0)|-|-|by shunsuke

      スポンサーサイト

      2018.02.26 Monday
      0
        |-|-|-|-|-|by スポンサードリンク
        コメント









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
         
        Others
        プロフィール サイト内検索
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        30      
        << September 2018 >>
        新しい記事 コメント
        トラックバック
        アーカイブ
        カテゴリ リンク モバイル
        qrcode
        オススメ
        いのちを産む―お産の現場から未来を探る
        いのちを産む―お産の現場から未来を探る (JUGEMレビュー »)
        大野 明子
        産科医不足、助産師不足、大野病院事件、内診問題など、産科医療の疲弊が顕著となった今、お産の未来は産むひととともに、自然なお産を取り戻すことにある−。そんな思いを宮崎雅子によるお産の写真とともに綴る。
        オススメ
        助産師と産む―病院でも、助産院でも、自宅でも (岩波ブックレット NO. 704)
        助産師と産む―病院でも、助産院でも、自宅でも (岩波ブックレット NO. 704) (JUGEMレビュー »)
        河合 蘭
        県立こども病院も取材されています。お産ってどういうことなんだろう。と入門的に読むことができると思います。
        Others ムームードメイン
            

        ページの先頭へ