<< うむうむネット通信10月号その | main | うむうむネット通信10月号その >>

スポンサーサイト

2018.02.26 Monday
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    |-|-|-|-|-|by スポンサードリンク

    うむうむネット通信10月号その

    2017.11.20 Monday
    0

      うむうむネット通信10月号を何回かに分けて

      お伝えしています。

      今回はそのい任后

       

      うむうむネット通信10月号

       

      <今月の通信は>

      ☆お産なんでもトーク8月の報告

      ☆ちょっと聞きたい☆おくすりの話

      ☆第22回 あの人に会いたい

           飯島美香さん・・・

      ☆お知らせ

       

      うむうむネット通信 

      第22回 あの人に会いたい

       

      特定非営利活動法人 食育体験教室コラボ 

        代表理事 「飯島美香さん」

       

      ● おとなもこどもも、たのしく!食育コラボの活動

       

      子育てのゴールは、なんでしょう?

       

      それは、子どもに生き抜く力を身に着けさせること。

      いわゆる自立が、親の役割・責任だとわたしは考えています。

       

      では、生きる力とは・・・

       

      生きることは食べること、食べることは生きること」

      という想いをベースにわたしたちNPO法人・食育体験教室コラボでは、

      農業体験や料理実習などを通して、

      親も子も楽しく成長する機会を提供しています。

       

      たとえば、わたしたちの理事でもある

      シニア野菜ソムリエの増田朱美さんを中心に、

      野菜好きの子どもたちを増やすためのキッズ野菜ソムリエ育成事業、

      長野市中山間地域の休耕地を活用するための

      親子での農業体験、地産地消をすすめ、

      現代人の生活にあった和食文化を広めていきたいとの思いから、

      味噌ボールワークショップの開催や

      「みそフェスタ」の主催など、活動の場はどんどん広がっています。

       

      また、食育の大切さをもっと楽しくわかりやすく

      人の心に届けるには演劇がいいかも!

      との思いから「食育劇団・ええーっこ」を設立。

       

      毎年、多くの協力者のおかげで公演は大成功。

      わたし、舞台女優の経験もしちゃっているんですよ。

       

      こうしたコラボの活動を通して子どもたちは、

      家族や学校とはちがった「社会」の中で、

      普段接することのない大人や兄弟姉妹とも違う年齢の子どもと

      関わる体験を数多くしています。

       

      年上に対する礼儀や小さい子への配慮、

      楽しむことと羽目を外すことの違いを知り、

      本当に必要なコミュニケーションができるようになったり、

      自分に自信が持てる場にもなっています。

       

      子どもの自信とは、

      親が一方的に与えることができるものでは決してなく、

      子どもたち自身が自分の体験、経験の中から、

      自然と身に着けていくものなんですよね。

       

      我が家の息子たちも、かなり小さいときから、

      家庭でもコラボでもいろいろな人と料理を楽しんできました。

      一人で作れるメニューもどんどん増やし、

      今は自信をもって料理を楽しんでいますよ。

       

      コラボの活動では、親も子も一緒に楽しく体験しながら、

      子どもたちの生きる力がぐんぐんと成長していく姿を感じることができます。

      ぜひ一度、食育コラボの活動に参加してみてください。

       

      続く

      |-|comments(0)trackbacks(0)|-|-|by shunsuke

      スポンサーサイト

      2018.02.26 Monday
      0
        |-|-|-|-|-|by スポンサードリンク
        コメント









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
         
        Others
        プロフィール サイト内検索
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        30      
        << September 2018 >>
        新しい記事 コメント
        トラックバック
        アーカイブ
        カテゴリ リンク モバイル
        qrcode
        オススメ
        いのちを産む―お産の現場から未来を探る
        いのちを産む―お産の現場から未来を探る (JUGEMレビュー »)
        大野 明子
        産科医不足、助産師不足、大野病院事件、内診問題など、産科医療の疲弊が顕著となった今、お産の未来は産むひととともに、自然なお産を取り戻すことにある−。そんな思いを宮崎雅子によるお産の写真とともに綴る。
        オススメ
        助産師と産む―病院でも、助産院でも、自宅でも (岩波ブックレット NO. 704)
        助産師と産む―病院でも、助産院でも、自宅でも (岩波ブックレット NO. 704) (JUGEMレビュー »)
        河合 蘭
        県立こども病院も取材されています。お産ってどういうことなんだろう。と入門的に読むことができると思います。
        Others ムームードメイン
            

        ページの先頭へ