<< うむうむネット通信10月号その | main | うむうむネット通信10月号その >>

スポンサーサイト

2018.02.26 Monday
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    |-|-|-|-|-|by スポンサードリンク

    うむうむネット通信10月号その

    2017.11.20 Monday
    0

      うむうむネット通信10月号を何回かに分けて

      お伝えしています。

       

      うむうむネット通信10月号

      <今月の通信は>

      ☆お産なんでもトーク8月の報告

      ☆ちょっと聞きたい☆おくすりの話

      ☆第22回 あの人に会いたい

           飯島美香さん

      ☆お知らせ

       

      ちょっと聞きたい☆おくすりの話 

      こんにちは♪薬剤師のAkiraです。

       

      10月に入り、あっという間に寒くなりましたね。

      秋になるとRSウイルス、マイコプラズマ肺炎、

      溶連菌などの感染症の流行が始まります。

       

      冬に流行するイメージの強いノロウイルス、インフルエンザも、

      実際には10月ころから流行が見られるようです。

      今回はノロウイルスとインフルエンザの予防についてのお話です。

       

      ♪ノロウイルス

      【ノロウイルスとは】

      ノロウイルスは手指や食品などを介して経口から感染し、

      下痢・嘔吐・腹痛などの症状を伴う胃腸炎を引き起こします。

      健康な人は軽症で回復しますが、

      子どもやお年寄りは重症化することがあり、注意が必要です。

      また治療薬がなく、対処療法しかできないため、

      感染しないようにしっかりとした予防対策が大切になってきます。

       

      【予防対策】

      外から帰ってきた時、調理の前、トイレの後などに

      しっかりと手洗いを行うことが大切です。

      食べ物はしっかりと火を通す、

      調理器具をこまめに熱湯消毒するなどが有効です。

       

      ♪インフルエンザ

      【インフルエンザとは】

      突然の38以上の「高熱」や、関節痛、筋肉痛、頭痛などの他、

      全身倦怠感、食欲不振などの「全身症状」が強く現れるのが特徴です。

       

      【予防対策】

      予防接種、手洗い、加湿などが有効です。

      予防接種によりインフルエンザ発症を予防する効果と、

      発症した場合に重症化するのを防ぐ効果が期待できます。

      抗体ができるのに2週間ほど必要なので、

      流行の前に早めに接種するのがポイントです。

       

      手は日常的にいろんな場所を触り、

      想像以上に自分の顔回りなどを触っているものなので、

      手を介してウイルスを体内に入れてしまうことが多いのです。

      流水だけでも30秒以上流せば石鹸洗いと同等の洗浄効果があります。

      親指を洗い残しやすいので特に気を付けながら隅々まで丁寧に洗い流しましょう。

       

      室内の適度な加温(28度)、加湿(50〜60%)換気が大切です。

      換気は部屋の2か所以上を開放して、

      空気がしっかり流れるようにしましょう。

       

      *その他、マスクによる喉鼻の加湿、人ごみを避ける、

      充分な休養、バランスの良い食事を摂ることなども大切です。

       

      Akira

       

      つづく

      |-|comments(0)trackbacks(0)|-|-|by shunsuke

      スポンサーサイト

      2018.02.26 Monday
      0
        |-|-|-|-|-|by スポンサードリンク
        コメント









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
         
        Others
        プロフィール サイト内検索
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        30      
        << September 2018 >>
        新しい記事 コメント
        トラックバック
        アーカイブ
        カテゴリ リンク モバイル
        qrcode
        オススメ
        いのちを産む―お産の現場から未来を探る
        いのちを産む―お産の現場から未来を探る (JUGEMレビュー »)
        大野 明子
        産科医不足、助産師不足、大野病院事件、内診問題など、産科医療の疲弊が顕著となった今、お産の未来は産むひととともに、自然なお産を取り戻すことにある−。そんな思いを宮崎雅子によるお産の写真とともに綴る。
        オススメ
        助産師と産む―病院でも、助産院でも、自宅でも (岩波ブックレット NO. 704)
        助産師と産む―病院でも、助産院でも、自宅でも (岩波ブックレット NO. 704) (JUGEMレビュー »)
        河合 蘭
        県立こども病院も取材されています。お産ってどういうことなんだろう。と入門的に読むことができると思います。
        Others ムームードメイン
            

        ページの先頭へ