<< うむうむネット通信8月号その4 | main | 10月22日(日)北信助産師会のイベントに参加します >>

スポンサーサイト

2018.02.26 Monday
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    |-|-|-|-|-|by スポンサードリンク

    うむうむネット続けてくださる方いませんか?

    2017.09.23 Saturday
    0

      2004年9月に発足し

      13年目に突入した

       

      お産を語る会

      うむうむネットですが

       

      わたくし、代表牛山が

      今年度の活動をもって卒業することに

      なりました。

       

      卒業する理由については

      個人ブログをご覧くださいね。

       

      そこで

      うむうむネットを続けてくださる方

      募集します。

       

      うむうむネットの理念である

      「妊娠、出産、育児について

      なんでも語れる場所」

       

      どんな話でも

      「うむうむ」とうなづきながら

      きいて共有しあえる会

       

      (うむうむネットのうむうむは

      お産の「産む」と

      「うむうむ」と話を聴く

      両方の意味があるのですよ。)

       

      その理念に共感していただける方なら

      現在のかたちを引き継く必要は全くなく

      自由に活動していただいて結構です。

       

      細々と続けきた実績と人脈が

      次の方のお役にたてれば嬉しいです。

       

      お産なんでもトークは12月で終了します。

      11月末までに

      ご連絡いただけると嬉しいです。

       

      もし、引き継いでくださる方がいなければ

      このまま、活動を終了したいと思います。

      ご縁のある方のご連絡お待ちしていますきらきら

       

      興味のある方はお気軽に

      こちらまでご連絡ください。

       

      JUGEMテーマ:育児

       

       

      |-|comments(0)trackbacks(0)|-|-|by shunsuke

      スポンサーサイト

      2018.02.26 Monday
      0
        |-|-|-|-|-|by スポンサードリンク
        コメント









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
         
        Others
        プロフィール サイト内検索
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        3031     
        << December 2018 >>
        新しい記事 コメント
        トラックバック
        アーカイブ
        カテゴリ リンク モバイル
        qrcode
        オススメ
        いのちを産む―お産の現場から未来を探る
        いのちを産む―お産の現場から未来を探る (JUGEMレビュー »)
        大野 明子
        産科医不足、助産師不足、大野病院事件、内診問題など、産科医療の疲弊が顕著となった今、お産の未来は産むひととともに、自然なお産を取り戻すことにある−。そんな思いを宮崎雅子によるお産の写真とともに綴る。
        オススメ
        助産師と産む―病院でも、助産院でも、自宅でも (岩波ブックレット NO. 704)
        助産師と産む―病院でも、助産院でも、自宅でも (岩波ブックレット NO. 704) (JUGEMレビュー »)
        河合 蘭
        県立こども病院も取材されています。お産ってどういうことなんだろう。と入門的に読むことができると思います。
        Others ムームードメイン
            

        ページの先頭へ