<< ながのTVさんに出演させていただきました。 | main | うむうむネット通信12月号その2 >>

スポンサーサイト

2017.06.04 Sunday
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    |-|-|-|-|-|by スポンサードリンク

    うむうむネット通信12月号その1

    2017.01.23 Monday
    0

      2017年になって1ヶ月が過ぎようとしていますね。

      しばらくブログを更新していませんでしたが

       

      お産なんでもトーク12月無事終了し

      今年度のお産なんでもトークは終了しました。

      ご参加くださったみなさん、ありがとうございました。

       

      また4月から再開ですのでそれまで

      おまちくださいね。

       

      そして、うむうむネット通信12月号を

      ブログにアップするのをすっかり忘れていました(汗)

       

      いつものように何回かにわけてアップします。

      ご覧ください。

       

      うむうむネット通信12月号

      <今月の通信は>

      ☆10月のお産なんでもトークの報告

      ☆《感想》高齢出産を考える

      ☆ちょっと聞きたいお薬の話

        ☆お知らせ

       

      <10月のお産なんでもトークの報告>

       

      10月のお産なんでもトークは、「語ろう!高齢出産」でした。

      このテーマはうむうむネットでは初めてのテーマで、

      参加者がどのくらい集まるか未知数だったのですが、

      初めての方が8名、

      久しぶりの方が2名、

      高齢出産を体験された方、

      高齢出産を視野にいれて話を聴きに来てくださった方、

      男性(お父さん)など

      バリエーションに富んだ皆さんが参加してくださり、

      色々な話をすることができ嬉しかったです。

       

      高齢出産ならではの悩み、年齢には関係なく共通の悩み、

      不妊治療や親の介護と子育ての両立・・・

      それぞれの思いを語ることで、

      悩んでいるのは自分だけではないことに気づいたり、

      体験談が誰かの役に立ったり、

      話したり、話を聴いているうちに、

      また明日から頑張ろうと思えてきます。

       

      初めてお1人で来られた方も

      ここで知り合いになって交流がはじまる・・・

      そんな役目も果たせるようになってきて、

      うむうむネットとしても嬉しい限りです。

       

      10月の内容に関しては参加者の方が

      次のページに素敵な感想を書いてくださいました。

      (とってもよくまとめてくださったので、

      内容はそちらにお任せします(笑))

      ありがとうございます。ご覧くださいね♪  

       

      つづく

       

      |-|comments(0)trackbacks(0)|-|-|by shunsuke

      スポンサーサイト

      2017.06.04 Sunday
      0
        |-|-|-|-|-|by スポンサードリンク
        コメント









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
         
        Others
        プロフィール サイト内検索
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        3031     
        << July 2017 >>
        新しい記事 コメント
        トラックバック
        アーカイブ
        カテゴリ リンク モバイル
        qrcode
        オススメ
        いのちを産む―お産の現場から未来を探る
        いのちを産む―お産の現場から未来を探る (JUGEMレビュー »)
        大野 明子
        産科医不足、助産師不足、大野病院事件、内診問題など、産科医療の疲弊が顕著となった今、お産の未来は産むひととともに、自然なお産を取り戻すことにある−。そんな思いを宮崎雅子によるお産の写真とともに綴る。
        オススメ
        助産師と産む―病院でも、助産院でも、自宅でも (岩波ブックレット NO. 704)
        助産師と産む―病院でも、助産院でも、自宅でも (岩波ブックレット NO. 704) (JUGEMレビュー »)
        河合 蘭
        県立こども病院も取材されています。お産ってどういうことなんだろう。と入門的に読むことができると思います。
        Others ムームードメイン
            

        ページの先頭へ