<< うむうむネット通信10月号その3 | main | うむうむネット通信10月号その5 >>

うむうむネット通信10月号その4

2016.11.16 Wednesday
0

    うむうむネット通信10月号を何回かにわけて

    掲載してます。

     

    <うむうむネット通信10月号>

    今月の通信内容

    ☆8月のお産なんでもトークの報告

    ☆ちょっと聞きたい☆おくすりの話

    ☆第20回 あの人に会いたい

     バースキーパーひまりさんこと

     「太田真理子さん」

     

    うむうむネット通信 第20回 あの人に会いたい 

    バースキーパーひまりさんこと「太田真理子さん」

     

    ,らのつづきです。

     

    今後のビジョン

    〜ひまりリバース・女性たちが豊かに

          輝く空間を共に作っていけたら〜 

     

    バースキーパーとして、産前産後の女性の身体に

    触れさせていただきながら、身体と対話し心にも寄り添い、

    魂にもよりそうことはわたしにとっての至福なんだと

    つくづく感じています。

     

    産前産後ケアセッションに携わるとき、

    全身全霊で取り組める仕事をしていると実感し、

    わたしの生きてきたさまざまな体験が昇華し、

    芯からひとのお役に立てることがあるなんて、

    本当に生まれてきて良かったという気持ちが

    内面から湧いてきます。

    人生はすべて繋がっていますね。 

     

    多くの妊婦さん、出産後のお母さんをサポートしてい

    .泪織縫謄ーセッション

    ∋左絅吋▲札奪轡腑鵑呂發舛蹐鵑里海函

    ディバインヒーリングセッション

    ぅ譽ぅ鵐棔璽掘璽疋札奪轡腑鵑箸い辰

    大人の再誕生のオリジナルセッションサポートも行っています。

    その方本来の持つ力が目覚め、

    自分を心から愛せるようになるセッションです。

     

    いつか、森や海のそばに、

    女性が安心してゆっくりできる隠れ家のような場所が作れたらいいですね。

    産前産後に限らず、更年期障害・生理前の辛い症状に

    悩む女性たちが安心して過ごせる場所を。

     

    新月や満月にあわせてのワークショップを行ったり、

    安心でおいしい心身が整うお食事を提供したり、

    さまざまな専門分野の方と手をつなぎ、

    調和協力していく女性ならではの感性や才能を活かして、

    運営していくことができたらいいなとおもっています。

     

    もちろん、共感する男性からのサポートも大歓迎です。

    根底のテーマを見つめ直し感じ合う、

    いのちの場にしていけたらと思っています。 

     

    ○妊婦さん、赤ちゃんと過ごすお母さん達へのメッセージ 

    妊娠や出産、産後には、愛や喜びといった面だけでなく、

    痛みや、時に危険もはらむもの。

    死と向き合わなくてはならいないこともあります。

    つまりお産自体が、思い通りにいかないことの連続ですね。

    人生もまた同じ。

     

    私は、光と影の、両面を抱きしめながら

    ありのままの自分を生きるということが

    ほんとうの豊かな人生なのではないかと思うのです。

     

    想い通りにいかず辛いとき、どうにも気力がわかず、

    助けが必要な時、ひとりでがんばらずに、助けて!

    と適切な方に助けをもとめていいと私は感じています。

     

    Divine Healing Gaden 空 スーニャ

     ひまりさんのご連絡先

    ※詳細はこちら→http://sunya8888.jimdo.com/

    御希望のセッションやお名前・連絡先をご記入の上

    himari0088@gmail.com へお送りください。

     

    ★ご主人の経営されているゆるカフェ日和manaya 

    住所 長野県松本市野溝木工1丁目6−56 

    電話: 0263-31-0901営業時間 11時30分〜17時00  

    定休日 日曜日・月曜日1025日火曜日から29日土曜日まで臨時休業

     

    美味しいマクロビオティックメニューと居心地のいい空間が魅力のカフェです。

    小さなお子様連れにはウレシイ畳のあるお部屋もあります。

     

     

     

     

     

     

    |-|comments(0)trackbacks(0)|-|-|by shunsuke

    スポンサーサイト

    2017.11.20 Monday
    0
      |-|-|-|-|-|by スポンサードリンク
      コメント









      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
       
      Others
      プロフィール サイト内検索
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      2627282930  
      << November 2017 >>
      新しい記事 コメント
      トラックバック
      アーカイブ
      カテゴリ リンク モバイル
      qrcode
      オススメ
      いのちを産む―お産の現場から未来を探る
      いのちを産む―お産の現場から未来を探る (JUGEMレビュー »)
      大野 明子
      産科医不足、助産師不足、大野病院事件、内診問題など、産科医療の疲弊が顕著となった今、お産の未来は産むひととともに、自然なお産を取り戻すことにある−。そんな思いを宮崎雅子によるお産の写真とともに綴る。
      オススメ
      助産師と産む―病院でも、助産院でも、自宅でも (岩波ブックレット NO. 704)
      助産師と産む―病院でも、助産院でも、自宅でも (岩波ブックレット NO. 704) (JUGEMレビュー »)
      河合 蘭
      県立こども病院も取材されています。お産ってどういうことなんだろう。と入門的に読むことができると思います。
      Others ムームードメイン
          

      ページの先頭へ