<< うむうむネット通信6月号その | main | うむうむネット通信6月号その >>

スポンサーサイト

2018.02.26 Monday
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    |-|-|-|-|-|by スポンサードリンク

    うむうむネット通信6月号その

    2016.07.05 Tuesday
    0

      うむうむネット通信6月号を

      何回かにわけてアップしています。

      (アップの速度が遅くてすみません。

      お待たせしておりますDocomo_kao8

      6月の通信はちょっとボリュームアップで

      お伝えします。

      じっくりお読みください♪

       

      <今月の通信は>

      お産何でもトーク4月の報告

      お産何でもトーク4月の報告

      ちょっと聞きたい☆お薬の話

      ☆第19回 あの人に会いたい

       NPO法人信州からだのき・ほんのき楽習会 

          副理事 徳武 有紀さん

       

       

      うむうむネット通信  

      第19回 あの人に会いたいその

      NPO法人信州からだのき・ほ・ん楽習会  

      副理事 徳武 有紀さん

       

       

      •  からだと心の健やかさのために大切なことを伝えて20

       

      独身時代は、高校の体育教師をしていましたが、

      結婚を機に長野に来てから、公民館や保健センターなどで、

      いろいろな年代の方を対象とした健康体操教室の指導や、

      子育て学級のスタッフとして、さまざまなかたちで

      からだと心の健やかさのために大切なことを

      20年ぐらい伝え続けています。  

       

      児童センターで小学生と接する機会がありますが、

      運動神経の良い悪いに関係なくごく一般的な小学生の身体能力は、

      明らかに低下しています。

      本来ならば2足歩行ができるまでに身につくはずの

      筋肉や動きが不十分なため、

      片足立ちができない子や、姿勢が悪い子、

      柔軟性がなくバランスが悪い子、つまづきやすい子が多いのです。

       

      そこで、放課後プランの中で、遊びとしてコアキッズ体操を取り入れ、

      身体からのアプローチで再教育し、

      身体を動かす楽しさや運動が好きになるような取り組みをしています。

       

      赤ちゃん時代から 身体の発達も心の発達も、

      どちらも必要な発達過程を経験することがどれだけ大事なことなのかを、

      より多くの人に伝えていきたいですね。

       

      人生の後半にいたるまで、「自分の健康は自分で守る」

      をキーワードに、自分の身体を整えるための運動プログラムを提供する

      NPO法人信州からだのき・ほ・ん楽習会の

      副理事としての活動もしています。

       

       

      •  2011年・東日本大震災の年に 
      •  〜子どもたちへのまなざしで気付いたこと〜

       

      友人を訪ねてヨーロッパをひとり旅していたときのことです。

      私は、どこの国にいっても、

      気が付くと子どもたちの姿を目で追っていました。

      公園や学校など子どもたちのいる場所へと、

      自然と気持ちがむいていたのですね。

      その旅での気づきも一つのきっかけだったのでしょう。

      ちょうど2011年頃から、子育て中のママや成長過程の子どもたちに

      関するサポートに対して、より一層、力を注ぐようになってきました。

       

      ここ数年で、これまで以上に心のケアの必要性も感じていますね。

      人の気持ちを元気づけるための言葉がけや、

      物事の捉え方を学ぶ「ペップトーク」についても、紹介しています。

       

      親が、伝わりやすく前向きな言葉がけをすることは、

      子どもたちの自己肯定感を高めることにつながりますし、

      伝える側の親も、子育てを楽しめるようになると言われています。

      この「ペップトーク」は、親子に限らず、夫婦で、

      または職場などの人間関係を改善するためにも有効な手法なので、

      多くの人に知ってもらいたいと思っています。

       

      つづく

       

      |-|comments(0)trackbacks(0)|-|-|by shunsuke

      スポンサーサイト

      2018.02.26 Monday
      0
        |-|-|-|-|-|by スポンサードリンク
        コメント









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
         
        Others
        プロフィール サイト内検索
        1234567
        891011121314
        15161718192021
        22232425262728
        293031    
        << March 2020 >>
        新しい記事 コメント
        トラックバック
        アーカイブ
        カテゴリ リンク モバイル
        qrcode
        オススメ
        いのちを産む―お産の現場から未来を探る
        いのちを産む―お産の現場から未来を探る (JUGEMレビュー »)
        大野 明子
        産科医不足、助産師不足、大野病院事件、内診問題など、産科医療の疲弊が顕著となった今、お産の未来は産むひととともに、自然なお産を取り戻すことにある−。そんな思いを宮崎雅子によるお産の写真とともに綴る。
        オススメ
        助産師と産む―病院でも、助産院でも、自宅でも (岩波ブックレット NO. 704)
        助産師と産む―病院でも、助産院でも、自宅でも (岩波ブックレット NO. 704) (JUGEMレビュー »)
        河合 蘭
        県立こども病院も取材されています。お産ってどういうことなんだろう。と入門的に読むことができると思います。
        Others ムームードメイン
            

        ページの先頭へ