お産なんでもトーク6月はコラボ企画です!!

2017.06.04 Sunday
0

    6月のお産なんでもトークは

    子育て広場「おおきくなぁれ」

    とコラボ企画です。

     

    子育て広場「おおきくなぁれ」

    にお邪魔して

    なんでもトークしちゃいますニコッ

     

    テーマ

    「妊婦さん大歓迎!!なんでもきいちゃおう

     〜ママと妊婦さんの座談会〜」

     

    日時:6月22日(木)

       9時40分〜受付

       10時20分〜わらべうたや読み聞かせ

       11時〜12時 お産なんでもトーク

     

    会場:吉田児童センター(ノルテながの2階)

    参加費:200円

        (今回はお茶菓子はありません)

     

    子育て広場「大きくなあれ」は

    月に一度開催している子育て広場です。

    毎月お楽しみ講座を企画しています。

    毎回導入に行なうわらべうたも大好評です。

    こんな感じで輪になって和やかにやってます。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    子育て広場「大きくなあれ」のブログはこちら

     

    お子様連れのも、そうでない方もぜひ

    わらべうたからご参加くださいね。

    妊婦さんのご参加もお待ちしていますき

     

    妊婦さんが知りたいこと

    ママになって妊婦さんに伝えたいことを

    なんでもトークしましょう矢印上

    |-|comments(0)trackbacks(0)|-|-|by shunsuke

    お産なんでもトーク4月

    2017.04.07 Friday
    0

      すっかり冬眠してしまい、

      気が付いたら4月。
      4月からお産なんでもトークを
      例年通り2ヶ月に1度開催します!!
      お産なんでもトーク4月のテーマは
      「脱マタニティーブルー
      〜ひとりで抱え込まないで!
      みんなでお産&育児〜」

      日時 4月 20日 (木) 午前10時半〜12時

      会場  ふれあい福祉センター4階和室

      参加費  500円 (お茶菓子付)

       

       

      最近は「ワンオペ育児」などという言葉もありますね。
      うちにこもってしまうと一人ですが
      気分転換に外に出てみませんか?

      誰もが経験する、産前産後の変化。
      あなただけではありません。
      みんなで話してみませんか?
      あなたの経験が、だれかの役にたちます。
      元気をもらえます。
      ざっくばらんに話しましょう。
       

      マタニティーの方から経験豊富なお母さん、
      興味のある方ならどなたでも参加できます。
      お子様連れのご参加大歓迎です。

      ご参加お待ちしています。

       

       

      <今年度の活動予定です>

       

      6月22日(木)子育て広場「おおきくなぁれ」合同企画

          (会場、吉田児童センター)

          「妊婦さん大歓迎!!なんでもきいちゃおう

          〜ママと妊婦さんの座談会〜」

       

      8月   「理想の保育園とは?

           〜託児・一時保育から

            保育園・幼稚園選びまで

            なんでもトーク〜」

       

      10月   「語ろう高齢出産」

       

      12月   気軽に参加

           「おしゃべりしながらパステルアート」

       

      今年度もどうぞよろしくお願い致しますヤッタv

      |-|comments(0)trackbacks(0)|-|-|by shunsuke

      うむうむネット通信12月号その4

      2017.01.23 Monday
      0

        うむうむネット通信12月号を数回に分けてお伝えしえいます。

         

        うむうむネット通信12月号

        <今月の通信は>

        ☆10月のお産なんでもトークの報告

        ☆《感想》高齢出産を考える

        ☆ちょっと聞きたいお薬の話

        ☆お知らせ

         

        〜おしらせ〜

         

        今年度のお産なんでもトークは12月で終了です。

        次回は2017年4月スタートです。

         

        来年度のお産なんでもトークのテーマを募集します!!

        ほかにもやりたいことがあったらどんどん教えてください。

        一緒にやりましょう!!

         

         

        2017年2月にランチ会兼来年度打ち合わせ会

        を行いたいと思います。

        詳細は決まり次第ブログなどでお知らせします。

         

        〜ごあいさつ〜

         

        今年12年目に突入したうむうむネット。

        2ヶ月に1度というゆるいペースで活動するうむうむネットですが、

        今年度も無事活動することができて、ほっとしています。

         

        今年度は、6月に東部文化ホールで行われた、

        国際助産師の日のイベントに出店参加させていただいたり、

        インターネットTV「ながのTV」に出演させていただいたり、

        お産なんでもトークにも初めての方に沢山ご参加いただきました。

        新たな出会い、沢山のご縁に感謝します。

        今年度もありがとうございました。

         

        うむうむネットでは一緒に活動してくれるメンバーを募集しています。

        お子さん連れも大歓迎。

        ママさん目線で発信しています。

        やりたいことをできる範囲で、楽しみながらやっていくのがうむうむネット。

        どなたでも参加できます。お気軽にどうぞ。

        1年1年、大切に活動していきたいと思います。

        来年度も今のところ?!続ける予定。

        (いつまで続けるかはわからないので、

        いつか・・・ではなく、参加できる時は逃さずに参加してくださいね!!)

        来年度もよろしくお願いいたします。

         

        お産を語る会うむうむネット 代表 牛山良枝

         

         

        お産を語る会うむうむネットは、

        お産の話がいつでもできる場所が欲しいという思いから生まれた、

        お母さんたちを中心としたグループです。

        ママさん、赤ちゃん、妊婦さんはもちろん、

        妊娠・出産・育児に関心のある方ならどなたでも大歓迎です!

        お気軽にご参加ください。

        一緒に情報発信してくれるメンバーも大募集中!!

        ご意見、お問い合わせはこちらまで。ご参加お待ちしています♪

         

        以上うむうむネット通信12月号でした。

        |-|comments(0)trackbacks(0)|-|-|by shunsuke

        うむうむネット通信12月号その3

        2017.01.23 Monday
        0

          うむうむネット通信12月号を数回に分けてお伝えしえいます。

           

          うむうむネット通信12月号

          <今月の通信は>

          ☆10月のお産なんでもトークの報告

          ☆《感想》高齢出産を考える

          ☆ちょっと聞きたいお薬の話

          ☆お知らせ

           

          ちょっと聞きたい☆おくすりの話 

          こんにちは♪薬剤師のAkiraです。

           

          本格的な冬が到来。

          気温が下がり空気が乾燥してくると、

          インフルエンザが流行してきますね。

          まずは予防、そして罹患してしまったら

          適切な治療が大切になります。

           

          ♪インフルエンザの特徴

          突然の38以上の「高熱」や、

          関節痛、筋肉痛、頭痛などの他、

          全身倦怠感、食欲不振などの

          「全身症状」が強く現れるのが特徴です。

           

          ♪予防について

          【ワクチンの接種】予防接種を受けると、

          インフルエンザに感染した場合に発症する可能性が低くなる効果と

          発症した場合に重症化するのを防ぐ効果が期待できます。

          抗体ができるのに2週間ほど必要なので、

          流行の前に早めに接種するのがポイントです。

           

          【手洗い】

          「うがい・手洗い」とよく言われますが、特に手洗いが大切です。

          手は日常的にいろんな場所を触り、

          そして想像以上に自分の顔回りなどを触っているものなので、

          手を介してウイルスを体内に入れてしまうことが多いのです。

          流水だけでも30秒以上流せば石鹸洗いと同等の洗浄効果があります。

          親指を洗い残しやすいので特に気を付けながら隅々まで丁寧に洗い流しましょう。

           

          【加湿】

          室内の適度な加温(28度)、加湿(50〜60%)換気が大切です。

          換気は部屋の2か所以上を開放して、

          空気がしっかり流れるようにしましょう。

           

          *その他、マスクによる喉鼻の加湿、

          人ごみを避ける、充分な休養、

          バランスの良い食事を摂ることなども大切です。

           

          ♪インフルエンザの薬物治療

          抗インフルエンザ薬は、

          細胞内に増殖したウイルスが細胞外に出てしまうのを防ぐことで、

          ウイルスの増殖を抑えます。

          発症後すぐに服用を開始すると(48時間以内)、

          服用していない場合と比べて発熱期間が1〜2日短縮され、

          ウイルスの排泄量も減少し、症状が徐々に改善されていきます。

           

          今現在、薬局でよく処方されるのは、

          「タミフル」「リレンザ」「イナビル」が主流で、

          予防的な服用もできます(自費)。

          用法用量をしっかり守ること、

          吸入薬の場合はしっかり吸い込むこと、

          お子さんを少なくとも2日間は

          1人にしないことなどに気を付けて服用してくださいね。

           

          Akira

           

          つづく

          |-|comments(0)trackbacks(0)|-|-|by shunsuke

          うむうむネット通信12月号その2

          2017.01.23 Monday
          0

            うむうむネット通信12月号を数回に分けてお伝えしえいます。

             

            うむうむネット通信12月号

            <今月の通信は>

            ☆10月のお産なんでもトークの報告

            ☆《感想》高齢出産を考える

            ☆ちょっと聞きたいお薬の話

              ☆お知らせ

             

             

            《感想》高齢出産を考える・・・  


            今回のテーマは『高齢出産』。

            日本産婦人科学会では、35歳以上の初産婦を

            「高齢出産(初産)」と定義しています。 


            私自身、 『高齢出産」だったかというと、そうではありません。

            しかし、周りの人たちには増えてきている印象があるため、

            お気持ちを聴かせていただきたい思いで参加しました。  


            参加させていただいて、

            実際『高齢出産』だったお母さん方のお話をお聴きし、

            お母さん達は沢山の悩みや問題
            を抱えていることがわかりました。 


            ・育児と同時進行の親の介護。

             「ちょっと親に預けて・・・」なんて、私にはできない。

            ・『高齢出産』以前の不妊治療。流産という悲しい経験。 
            ・二人目が欲しいけど、年齢的には諦めたほうがいいか・・・。 
            ・不妊治療では『妊娠・出産』がゴールだったけど、

             生まれてきたらゴールが見えない。

             日々、家事と育児でいっぱいいっぱい。 
            ・若いママとの体力の違いや距離の取り方。 


            など、出産前から様々な事を乗り越え、

            日々妻として、嫁として、母として頑張っている方々ばかりでした。

            同じ母親である私からみても、本当にすごいと感じました。  


            その中で、一つ印象に残ったお話があります。 
            『結婚した年齢も遅く、妊娠できるかわからない。

            そんな私で彼はいいんだろうか?

            という悩みを抱えていた時に、知人から言われた言葉。

             

            それは、「彼は、子どもを産めるから

            あなたを選んだんじゃない。そのままのあなたがいいから、

            あなたを選んだんだよ」という言葉だった。

            その言葉にとても救われた。』  


            とっても素敵な言葉で、心が温かくなるようなお話でした。 
            同時に、ふと心に浮かびました。 
            『私たちは、誰でも、どんなママでも、 
            このまんまの私がいいと、

            私を選び続けてくれる子どもがいる。』  


            料理が下手でも、家事ができなくても、学歴や肩書がなくても、 
            大きな目や、スリムな体じゃなくても、 
            たとえ、毎日ガミガミ怒ってしまって、穏やかじゃない時さえも。 

            「ママ〜」(あ、うちでは「母ちゃん」ですけどね)

            と呼んでくれる子ども達がいる。  


            24時間、365日年中無休の育児。

            自分のことなんて後回しで、振り回されていると感じてしまうことも多々。
            だけど、沢山の愛情を子ども達の方からももらってるんだなと、

            改めて気付くことができました。 

             

            つづく

            |-|comments(0)trackbacks(0)|-|-|by shunsuke

            うむうむネット通信12月号その1

            2017.01.23 Monday
            0

              2017年になって1ヶ月が過ぎようとしていますね。

              しばらくブログを更新していませんでしたが

               

              お産なんでもトーク12月無事終了し

              今年度のお産なんでもトークは終了しました。

              ご参加くださったみなさん、ありがとうございました。

               

              また4月から再開ですのでそれまで

              おまちくださいね。

               

              そして、うむうむネット通信12月号を

              ブログにアップするのをすっかり忘れていました(汗)

               

              いつものように何回かにわけてアップします。

              ご覧ください。

               

              うむうむネット通信12月号

              <今月の通信は>

              ☆10月のお産なんでもトークの報告

              ☆《感想》高齢出産を考える

              ☆ちょっと聞きたいお薬の話

                ☆お知らせ

               

              <10月のお産なんでもトークの報告>

               

              10月のお産なんでもトークは、「語ろう!高齢出産」でした。

              このテーマはうむうむネットでは初めてのテーマで、

              参加者がどのくらい集まるか未知数だったのですが、

              初めての方が8名、

              久しぶりの方が2名、

              高齢出産を体験された方、

              高齢出産を視野にいれて話を聴きに来てくださった方、

              男性(お父さん)など

              バリエーションに富んだ皆さんが参加してくださり、

              色々な話をすることができ嬉しかったです。

               

              高齢出産ならではの悩み、年齢には関係なく共通の悩み、

              不妊治療や親の介護と子育ての両立・・・

              それぞれの思いを語ることで、

              悩んでいるのは自分だけではないことに気づいたり、

              体験談が誰かの役に立ったり、

              話したり、話を聴いているうちに、

              また明日から頑張ろうと思えてきます。

               

              初めてお1人で来られた方も

              ここで知り合いになって交流がはじまる・・・

              そんな役目も果たせるようになってきて、

              うむうむネットとしても嬉しい限りです。

               

              10月の内容に関しては参加者の方が

              次のページに素敵な感想を書いてくださいました。

              (とってもよくまとめてくださったので、

              内容はそちらにお任せします(笑))

              ありがとうございます。ご覧くださいね♪  

               

              つづく

               

              |-|comments(0)trackbacks(0)|-|-|by shunsuke

              ながのTVさんに出演させていただきました。

              2016.11.20 Sunday
              0

                11月8日19時〜ながのTVさんに出演させていただきました。

                その模様がこちら。

                 

                こんなにアップでうつっていたとは・・・0口0

                 

                素敵なご縁をいただき、ありがとうございました。
                こんな私たちがやってます。
                お気軽にうむうむネットにご参加くださいね。
                |-|comments(0)trackbacks(0)|-|-|by shunsuke

                うむうむネット通信10月号その5

                2016.11.19 Saturday
                0

                  うむうむネット通信10月号を何回かにわけて

                  掲載してます。

                   

                  <うむうむネット通信10月号>

                  今月の通信内容

                  ☆8月のお産なんでもトークの報告

                  ☆ちょっと聞きたい☆おくすりの話

                  ☆第20回 あの人に会いたい

                   バースキーパーひまりさんこと

                   「太田真理子さん」

                  第20回 あの人に会いたい 

                  バースキーパーひまりさんこと

                  「太田真理子さん」

                   

                   

                  〜お知らせ〜

                   

                   

                  うむうむネット定例おしゃべり会 

                  「お産」なんでもトーク

                   

                  次回は  12月 14日 (水) 午前10時半〜12時

                   会場  ふれあい福祉センター4階和室

                  参加費  500円 (お茶菓子付)

                   

                  12月のテーマ

                  「私のお産」

                  〜バースプラン&バースレビュー〜

                   

                  うむうむネットが大切にしているお産の振り返り。

                  「私らしい私のお産」                          

                  これから出産予定の方も大歓迎♪

                  今年度最後のお産なんでもトークになります。

                  がっつりとお産の話をしましょう!!

                   

                  ※1月〜3月はお産なんでもトークはお休みします。

                  2月に「打ち合わせ会という名の井戸端会議」を予定

                  (決まり次第ブログでお知らせします)

                  四葉のクローバー四葉のクローバー四葉のクローバー四葉のクローバー四葉のクローバー四葉のクローバー四葉のクローバー四葉のクローバー四葉のクローバー四葉のクローバー四葉のクローバー四葉のクローバー四葉のクローバー四葉のクローバー四葉のクローバー四葉のクローバー四葉のクローバー四葉のクローバー四葉のクローバー四葉のクローバー四葉のクローバー

                   

                  ながの子育てネットから2016年度版

                  「長野市の子育て応援団一覧ブック」が

                  発行されました!!

                   

                     

                  うむうむネットも団体ページに掲載されています。

                  今年は80ページもあり、内容の濃いものに仕上がって

                  います。ご希望の方はうむうむネットにもありますので

                  どうぞ♪

                   

                  10月号は以上になります。

                  その5までお付き合いいただき

                  ありがとうございましたお願い

                  |-|comments(0)trackbacks(0)|-|-|by shunsuke

                  うむうむネット通信10月号その4

                  2016.11.16 Wednesday
                  0

                    うむうむネット通信10月号を何回かにわけて

                    掲載してます。

                     

                    <うむうむネット通信10月号>

                    今月の通信内容

                    ☆8月のお産なんでもトークの報告

                    ☆ちょっと聞きたい☆おくすりの話

                    ☆第20回 あの人に会いたい

                     バースキーパーひまりさんこと

                     「太田真理子さん」

                     

                    うむうむネット通信 第20回 あの人に会いたい 

                    バースキーパーひまりさんこと「太田真理子さん」

                     

                    ,らのつづきです。

                     

                    今後のビジョン

                    〜ひまりリバース・女性たちが豊かに

                          輝く空間を共に作っていけたら〜 

                     

                    バースキーパーとして、産前産後の女性の身体に

                    触れさせていただきながら、身体と対話し心にも寄り添い、

                    魂にもよりそうことはわたしにとっての至福なんだと

                    つくづく感じています。

                     

                    産前産後ケアセッションに携わるとき、

                    全身全霊で取り組める仕事をしていると実感し、

                    わたしの生きてきたさまざまな体験が昇華し、

                    芯からひとのお役に立てることがあるなんて、

                    本当に生まれてきて良かったという気持ちが

                    内面から湧いてきます。

                    人生はすべて繋がっていますね。 

                     

                    多くの妊婦さん、出産後のお母さんをサポートしてい

                    .泪織縫謄ーセッション

                    ∋左絅吋▲札奪轡腑鵑呂發舛蹐鵑里海函

                    ディバインヒーリングセッション

                    ぅ譽ぅ鵐棔璽掘璽疋札奪轡腑鵑箸い辰

                    大人の再誕生のオリジナルセッションサポートも行っています。

                    その方本来の持つ力が目覚め、

                    自分を心から愛せるようになるセッションです。

                     

                    いつか、森や海のそばに、

                    女性が安心してゆっくりできる隠れ家のような場所が作れたらいいですね。

                    産前産後に限らず、更年期障害・生理前の辛い症状に

                    悩む女性たちが安心して過ごせる場所を。

                     

                    新月や満月にあわせてのワークショップを行ったり、

                    安心でおいしい心身が整うお食事を提供したり、

                    さまざまな専門分野の方と手をつなぎ、

                    調和協力していく女性ならではの感性や才能を活かして、

                    運営していくことができたらいいなとおもっています。

                     

                    もちろん、共感する男性からのサポートも大歓迎です。

                    根底のテーマを見つめ直し感じ合う、

                    いのちの場にしていけたらと思っています。 

                     

                    ○妊婦さん、赤ちゃんと過ごすお母さん達へのメッセージ 

                    妊娠や出産、産後には、愛や喜びといった面だけでなく、

                    痛みや、時に危険もはらむもの。

                    死と向き合わなくてはならいないこともあります。

                    つまりお産自体が、思い通りにいかないことの連続ですね。

                    人生もまた同じ。

                     

                    私は、光と影の、両面を抱きしめながら

                    ありのままの自分を生きるということが

                    ほんとうの豊かな人生なのではないかと思うのです。

                     

                    想い通りにいかず辛いとき、どうにも気力がわかず、

                    助けが必要な時、ひとりでがんばらずに、助けて!

                    と適切な方に助けをもとめていいと私は感じています。

                     

                    Divine Healing Gaden 空 スーニャ

                     ひまりさんのご連絡先

                    ※詳細はこちら→http://sunya8888.jimdo.com/

                    御希望のセッションやお名前・連絡先をご記入の上

                    himari0088@gmail.com へお送りください。

                     

                    ★ご主人の経営されているゆるカフェ日和manaya 

                    住所 長野県松本市野溝木工1丁目6−56 

                    電話: 0263-31-0901営業時間 11時30分〜17時00  

                    定休日 日曜日・月曜日1025日火曜日から29日土曜日まで臨時休業

                     

                    美味しいマクロビオティックメニューと居心地のいい空間が魅力のカフェです。

                    小さなお子様連れにはウレシイ畳のあるお部屋もあります。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    |-|comments(0)trackbacks(0)|-|-|by shunsuke

                    うむうむネット通信10月号その3

                    2016.11.16 Wednesday
                    0

                      うむうむネット通信10月号を何回かにわけて

                      掲載してます。

                       

                      <うむうむネット通信10月号>

                      今月の通信内容

                      ☆8月のお産なんでもトークの報告

                      ☆ちょっと聞きたい☆おくすりの話

                      ☆第20回 あの人に会いたい

                       バースキーパーひまりさんこと

                       「太田真理子さん」

                       

                      うむうむネット通信 第20回 あの人に会いたい 

                      バースキーパーひまりさんこと「太田真理子さん」

                       

                      初めてお会いしたのは、数年前、松本にある

                      ご主人経営のマクロビオティックのお店「manaya」さんで。

                      初対面にもかかわらず、その柔らかな微笑みに魅了され、

                      いつかゆっくりとお会いしたいとずっと思っていました。

                      今回はご縁が重なりご実家のある上田市のとある場所で、

                      お話をお伺いしました。 

                       

                      ○バースキーパー「ひまり」の誕生 

                       

                      ※バースキーパーとは、産婦人科医師、助産師、

                      ドゥーラ、セラピストなどが協力し、

                      お母さんや生まれてくる子どものいのちに寄り添う取り組みを

                      一体となって進めて行こうという願いから生まれた言葉です。

                      〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

                      私は、初産が大変だったり、流産を経験していましたが、

                      子育てに追われ、自身の心の痛みを振り返りきれず、

                      その頃は、特に、妊娠・出産について深く

                      フォーカスをしていませんでした。

                      体調を崩した事をきっかけに、

                      一般の人向けに和みヨーガインストラクターや、

                      身体や心や、魂にフォーカスするヒーリングの仕事をしていました。

                       

                      しかし、40代半ばをすぎて三男を妊娠したことがきっかけで、

                      私の人生は大きく変わっていきます。

                      妊娠7か月の時だったでしょうか。

                      古くからの友人の強いススメで、

                      愛知県の吉村医院の本を渡されました。

                      それを読んだ時のハンマーで殴られたような

                      強い衝撃はわすれられません。

                      すでに妊娠7か月を過ぎていましたが、

                      吉村先生を尊敬されている産婦人科の先生のいる産院が、

                      実家のある上田市にあることを知り、できる限り医療介入しないで

                      自然な形でのお産を応援する、産院へ転院しました。

                       

                      今思えば、その出会いもラッキーなことでしたね。

                      高齢出産だったこともあり、病気の両親がいる実家を頼ることもできず、

                      夫もまさかの骨折という事態で、

                      産後は、しばらく「さざなみ」という施設で

                      サポ―トをしてもらえたことは本当に助かりました。 

                       

                      2009年、三男の妊娠をきっかけに、

                      吉村医院で働いていた助産師さんと一緒に

                      「産小屋の集い」というお話会を主催していました。

                      ちょうど、うむうむネットさんの「お産を語る会」

                      ような形で始まったのです。

                      息子が私のおなかに宿るといった形で、

                      気が付けば、自分のライフワークともいえる世界へ誘われたのでしょう。

                      上の息子たちとは16年以上離れているのですが、

                      私の中のどこかに、子どもは3人という予感があったようにおもいます。 

                       

                      もともと、ボディワークをしていた私は、

                      マタニティケア・産前産後ケアの重要性を強く感じていたことから、

                      自身のために、三男の出産前にマタニティアロマを学び、

                      アロマと和みのヨーガをとりいれていました。

                       

                      2012年、まだ2歳と小さかった三男を置いて、

                      12日間におよぶバリで行われたバースキーパーの

                      世界的なワークショップに参加したことは大きな決断でした。

                      私にとっては、あのタイミングで、

                      あの場に行くことに大きな意味があったのです。

                       

                      このワークショップは、世界的な産婦人科医、助産師や、

                      セラピスト、ヒーラーが一同に集まり、出産をテーマに輪になりました。

                      そのすべてのプログラムにおいてたいへん、素晴らしいものでした。

                       

                      私は、その時の学びから、バースキーパーとしての活動を

                      積極的に行うようになり、それまで以上に、

                      産前産後のケアに力を注いでいきます。

                      マタニティーセッション、産後ケアセッションに加え、

                      女性のための子宮インナービューティーセラピーセッション開始、

                      2014年から、「子宮といのちのおはなし会」を各地で開催しています。

                       

                      他にも、妊娠中授乳中は、体調が不安定で、

                      辛い症状を感じることも多いのに、お薬を使えないこともあり、

                      自宅できるエッセンシャルオイルを使った

                      アロマケアの方法もお伝えしています。

                       

                      つづく

                      |-|comments(0)trackbacks(0)|-|-|by shunsuke
                       
                      Others
                      プロフィール サイト内検索
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      252627282930 
                      << June 2017 >>
                      新しい記事 コメント
                      トラックバック
                      アーカイブ
                      カテゴリ リンク モバイル
                      qrcode
                      オススメ
                      いのちを産む―お産の現場から未来を探る
                      いのちを産む―お産の現場から未来を探る (JUGEMレビュー »)
                      大野 明子
                      産科医不足、助産師不足、大野病院事件、内診問題など、産科医療の疲弊が顕著となった今、お産の未来は産むひととともに、自然なお産を取り戻すことにある−。そんな思いを宮崎雅子によるお産の写真とともに綴る。
                      オススメ
                      助産師と産む―病院でも、助産院でも、自宅でも (岩波ブックレット NO. 704)
                      助産師と産む―病院でも、助産院でも、自宅でも (岩波ブックレット NO. 704) (JUGEMレビュー »)
                      河合 蘭
                      県立こども病院も取材されています。お産ってどういうことなんだろう。と入門的に読むことができると思います。
                      Others ムームードメイン
                          

                      ページの先頭へ